生存率70%に向けて治療|心筋梗塞で命を落とすその前に|季節の変わり目は要注意

心筋梗塞で命を落とすその前に|季節の変わり目は要注意

看護師

生存率70%に向けて治療

頭を抱える男性

場所によって異なります

咽頭がんとは鼻の奥から食道までの部分にできるがんの事をいい、食べ物や空気や唾液などが通る部分のこと指します。一般的に咽頭がんの発症原因はEBウイルスの他にアルコール、たばこ、環境、食事などと言われています。また近年、男性も女性も共に感染するありふれたパピローマウイルスも問題視されています。この咽頭がんは腫瘍ができた場所によって呼び方が変わります。脳にも近いことから脳神経が強い影響を受けてしまい麻痺が起こり、身体に神経痛や頭痛などといった症状が現れたり、扁桃腺が炎症を起こすケースや首のリンパ節に転移することが多いケースもあります。それぞれできる場所によって症状は異なるため、症状を緩和させる緩和ケア療法や症状に応じた対症療法が行われます。

治療成績も著しく向上

咽頭がんによる初期症状はさまざまです。食事をするときののどの違和感であったりしつこい頭痛や、物が重なって見えたり、鼻づまり、鼻血、耳が聞こえにくかったりという症状が現れます。風邪と勘違いされるような症状でもあります。咽頭がんかもしれないと少しでも不安を感じた時、まずどの科を受診したらいいのか悩むところですが、まずは耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。病院では内視鏡やCTやMRIなどで詳しい検査をし、触診なども行われます。咽頭がんと判断された場合、放射線治療と化学療法の2つを組み合わせる治療法が主流で近年その治療成績も著しく向上しています。そのため生存率も70%と他のがんに比べると大きく、初期の段階で症状が現れることで早い治療ができるケースが多いからと言われています。