心筋梗塞で命を落とすその前に|季節の変わり目は要注意

女医

内科を受診すると

横になる女性

寒暖差に注意する

心筋梗塞は急に起こることが多いため、注意が必要です。特に寒暖差が関係することがあります。冬の入浴時には注意しましょう。浴室と部屋の温度差が激しいと、心臓がついていかなくなってしまうことがあるからです。入浴前には脱衣所も温めておくことをお勧めします。また、湯船の温度も調節が必要です。あまり熱すぎてしまうと、体温との差が生じてしまうからです。少しぬるめに感じられるくらいの温度にしておきましょう。そして、ゆっくりと入ることをお勧めします。もちろん、外に出る時も注意が必要です。防寒対策を万全にしましょう。カイロなどを褐葉するのもいいかもしれません。特に高齢になるほど、心筋梗塞を発症しやすくなってくると言われています。

定期健診を受けよう

心筋梗塞にならないようにするためには、日頃からの生活習慣が重要です。定期健診もきちんと受けておきましょう。内科で検査を受けられます。一般的な採血などの検査以外では、心電図などの検査がお勧めです。これによって心臓の状態を知ることができるからです。それから、心筋梗塞は生活習慣病も影響すると言われています。肥満にならないように気をつけましょう。適度な運動と塩分控えめの食事がお勧めです。そして、血圧測定も重要となってきます。健康診断で血圧が高めだと医師に言われてしまった人は、食事や運動で改善していくことが大切です。このように、日頃から気をつけていれば回避することができます。定期健診結果も前回の数値と比較することが大切です。

腰痛で危険な病気は

眠る人

ヘルニアが心配という人で、腰に痛みを感じることがあったり、足に痛みやシビレを感じる人は、危険な兆候があると考えましょう。また500メートルも歩くと、腰や足になんらかの異常が出て来る人も、同様な兆候にあると考えられます。普段の生活に注意が必要になって来ます。

もっと読む

生存率70%に向けて治療

頭を抱える男性

咽頭がんは初期の段階で頭痛や鼻血や違和感など体の不調がすぐに出ることで早い治療が望めます。咽頭の場所によって詳しい治療方法などは異なりますが生存率70%と言われているほど、近年の治療法は大きく成長しています。

もっと読む

治療はまず検査から

医療ベッド

色々なタンパク質の入り混じった細胞組織の中から、特定のタンパク質を見つけ出す免疫沈降という技術が、様々な医療分野で利用されています。これにより新たな新薬が開発されたり、未知の病原体を突き止めるといったことに繋がることを期待しましょう。

もっと読む